工場で働くならお昼はどうする?休憩時の過ごし方やご飯の調達について

工場での昼休みについて

工場での過ごし方は気楽だという人もいれば、工場にいる間は気が休まる時間が1秒もないという人もいます。工場などでは上司の意向によっては昼休みは外出できないことがあり、同じ部屋で過ごすように義務付けられている場合も多いです。人とすぐに打ち解けることができて人の輪に簡単に加わることができる人にとっては工場での人間関係や昼休みも楽な時間ですが、人見知りでパーソナルスペースを守りたい人にとっては苦痛になってしまう場合があります。適度にコミュニケーションを取って相手に合わせた趣味の話などができれば気を楽にして仕事ができるなどのメリットがありますが、コミュニケーションをとるのが難しい場合には音楽を聴いたり漫画などを読むと時間が潰せます。

昼ごはんはどうする?

工場での昼休みは社員食堂か休憩室で過ごすことが多くなります。食堂がある工場ではご飯を注文できるケースもあり、その場合は持ち込みか注文するかを選ぶことができます。食堂では給茶機が設置されている場合も多いです。パンを製造する工場などでは余ったパンを食べられることもあり、なるべく節約したい場合には助かります。工場では基本的に食事と水分補給は昼休みにしかとれないので、しっかり空腹を満たしてから午後の業務にうつりましょう。時間を守ることができれば昼ご飯はどこで食べても問題ないという工場もあり、その場合には好きな場所で休憩しましょう。基本は上司の意向に従うことになるので、休憩についての規則には工場のやり方がそれぞれ違うと割り切って対応しましょう。

© Copyright Start Factory Work. All Rights Reserved.