工場で求められる人の条件とは?

シフト勤務に対応できる人

一般的に、工場では日々の生産目標が定められています。その目標に従い、当日の人員配置が決定します。そこで、多くの工場ではシフト勤務を採用し、早番や日勤、遅番など、出勤時間に差を設けていることも珍しくありません。つまり、出勤率の悪い従業員は予定が組みにくく、管理者にとって配慮が必要です。しかし、勤務していれば、体調不良や急な予定が発生することもあるでしょう。そんなときには、シフトを管理している担当者に、事前の報告が大切になります。特に、次の勤務に影響が出そうな場合には、一人で解決しないで指示を仰ぎましょう。また、あらかじめ用事が発生しそうな場合にも、早めに事情を相談しておくことで、シフトに大きな影響が出るのを防げます。

仕事に対して前向きで意欲のある人

工場での作業は、おもに生産に関わる業務です。しかし、その内容は基本的な作業から複合的な作業、さらに管理を伴うものなど幅広く存在します。手先が器用な従業員は、すぐに担当業務をこなせるでしょう。一方で、コツをつかむまで時間が掛かってしまう従業員もいます。多くの場合、工場での作業はチーム単位が基本です。慣れた人も慣れていない人もいるのは、珍しくありません。つまり、簡単な仕事だけ早い人にも、まだ作業に慣れていない人にも、管理者としては向上してもらいたいと期待しています。その意味では、少しくらい不器用でも着実に仕事を覚えてくれる従業員は大切な存在です。仕事に対して前向きで、向上心を感じられるからです。そのためにも、作業で分からないことがあれば早めに相談し、先輩や上司としっかりコミュニケーションが取れることもポイントでしょう。

© Copyright Start Factory Work. All Rights Reserved.